人生初のバンジージャンプ! in シンガポール~迷ったら飛ぶべし~【セントーサ島、AJハケット】

バンジー セントーサ島 シンガポール
スポンサードリンク

突然ですが、

人生で一度はやってみたいことって何ですか?

僕は、

バンジージャンプ、スカイダイビング、パラセーリング、etc

空に魅了されてます。

今回そのうちの一つ、バンジージャンプの夢が叶ったので体験記にしたいと思います!

バンジー セントーサ島 シンガポール

遠くから見ても一際目立ちますね~。

僕がバンジージャンプをしたのは、

シンガポールのセントーサ島にある「AJハケット」というアクティビティ施設です。

高さはなんと50m、ビルにすると17階分です!

進撃の巨人の壁も高さ50m。あの世界観では高所恐怖症とかないんでしょうね。

バンジー セントーサ島 シンガポール

下から見上げてもかなりの迫力。

でも、見てる分には気楽なもんですよ

バンジー セントーサ島 シンガポール

下はプールになっており、ここ目掛けて飛び込みます。

周りはリゾート施設になっているので、
お酒を楽しみながらバンジージャンプを眺めることができます。

なかなかの羞恥プレイですよね。

 

約15,000円の高い費用を払って自分の番を今か今かと待ちます。

 

なかなかの焦らしプレイです。穴という穴から汗が噴き出ます。

バンジー セントーサ島 シンガポール

待ってる間に、夕日はどんどん沈んでいき、辺り一面ノスタルジックな雰囲気に。

かなり緊張している自分自身に鞭打って、頂上までの階段を一気に駆け上がります。

バンジー セントーサ島 シンガポール

飛び降り台から眺める景色は絶景でした。

真っ赤な夕日が地平線に沈みかけ、目の前にはリゾート地ならではの綺麗な海が広がっています。

飛び降り台に立つとき、

つま先を台より先に出します。

つまり、地面に付いているのは踵だけ。あと一歩でも踏み出そうものなら真っ逆さまです。

僕の足首に巻かれている、紐(チェーン?)が地面に向かって放り投げられます。

ジャラッっという音を立てて、身体が空中に引っ張られる。

後ろからスタッフが僕の体を引っ張ってるんですけど、ここが一番怖い。

だって、意図せずにいきなり自分の体が空中に引っ張られるんですから。。

準備は整いました…。

3、21

めっっっっっっちゃきもちいいいいいいい

バンジー セントーサ島 シンガポール

心臓バクバク、アドレナリン(´;ω;`)ブワッっ出たと思ったらものすごい勢いで地面に吸い込まれていきます。

バンジー セントーサ島 シンガポール

バイィーン。

かなり、水面近くまで来ます。

正直もう興奮しすぎて、状況を理解できない。

バンジー セントーサ島 シンガポール

体重が重いせいか…。

ゴムの反発がえげつないです。かなり上空に引き戻されます

この時はもう怖くないです。

( ゚Д゚)

バンジー セントーサ島 シンガポール

最後は吊り下げられて回収されます。

バンジー セントーサ島 シンガポール

人生初体験のバンジージャンプ。

一番怖かったのは、飛ぶ前の緊張してるときですね!

もう飛んじゃえば、理性が吹き飛んでまさに快感そのもの。

正直、掛け声の3,2,1、で飛べないとかなりきつくなると思います

スタッフは後ろから押したりはしてくれないので、最初の飛ぶチャンスを逃しちゃうと

理性が襲ってくるんですよね。

 

 

あ、やばい、怖い。

高くない?ムリムリムリ。

 

 

こうなると、どんどん恐怖心が煽られて飛ぶのが難しくなります。

最大のコツは、掛け声とともに一発で飛ぶ!

もしバンジージャンプをする機会があったら、あと後先考えず思いっきり飛んでみてください!

最高の一瞬が待ってますよ!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください