衝撃的な見た目、味!美味しいものの出会いの場、ホーカーズ【アルバートセンターフードコート】

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ
スポンサードリンク

旅行先での、美味しいものはローカルフードにこそ価値がある!

と考えてる私ですが。

ローカルフードはよく言えば、その土地に合わせた味。

旅行者の僕たちからしたら、

かなり当たりはずれがあるんですよね。

地元の人は

 ウマウマイ!って発狂しながら食べてても

僕たちからしたらゲロマズ。

なんてこともしょっちゅう。

味覚ってわりと慣れなところが強いですからね~。

シンガポールのローカルフードは、ホーカーズにあり。

ということで今回は

アルバートセンターフードコート」に訪れました。

この記事トップの奇抜な色の飲み物も最後には紹介しますね!

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ

アルバートセンターフードコート」は、

英語で「Albert Centre Market & Food Centre」。

かなりのお店が立ち並んでいて、選び疲れること間違いなし。

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ

最初に立ち寄ったお店がコチラ。

お弁当屋さんのようなお店で、豊富なお惣菜をテイクアウトも可能。

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ

注文したのは 

Hainanese Pork Chop Set

海南風ポークチョップです。

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ

手前の京醤肉絲(チンジャンルースー)みたいなのは、追加トッピングです。

京醤肉絲?は味噌ベースで、なかなかの美味。

メインの海南風ポークチョップのほうは、しっとりチキンに甘めのタレ。

どちらも中華で、どこか昭和の家庭料理のような味。

まさに箸が止まらないおかず!

まぁスプーンなんですけど。

日本人の舌に合う味付けで、あっという間にペロリ。

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ

こちらは揚げパンのお店。

この揚げパン、実はかなり美味いです。

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ

こちらの揚げパンは、漢字で「油條

フランスパンを、たっぷりの溶けたバターに浸して揚げたような味。

かなり胃がもたれるけど。

二本も食べようものなら、胃もたれで次の日まで寝込むレベル。

まだまだ行きますよ!

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ

コチラのお店は「百年酿豆腐

かなりの行列で、期待感が高まります。

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ

今回はチキンとセットで注文。

麺はビーフン、春雨のような感じで歯ごたえもありなかなか美味しい!

スープはあっさりしているので、付属のソースを入れることで少し辛みが増してちょうどいい旨さになります。

具には海老や豚、ゴーヤ、etc

他の具は最後まで何かわかりませんでした!(笑)

さて、食後には何か甘いものが欲しいですよね。

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ

コチラのお店に決めた!

写真中央に見える、どぎついピンクの液体が見えますでしょうか?

アルバートセンターフードコート シンガポール ホーカーズ

はい。こちらですね。

この奇抜な飲み物は Bandung(バンダン)と言って

Rose Syrupy milk Drink

つまりは、

ミルクにローズシロップを追加した甘い飲み物。

かなり薬品感のある甘みをミルクでまろやかにした感じ。

例えるなら、「子どもの頃に病院で処方されたシロップを甘くした味

こうやって食べてみると、

やっぱりローカルフーズって、

普段の生活では得られない刺激を与えてくますね。

せっかくの旅行、

それ自体が刺激ですけど

たまには馴染みのない食べ物に挑戦してみると

新しい世界が開かれるかもしれませんね!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください