【笠間焼 桧佐陶工房】ろくろ作り体験!思ったよりも難しい!?

笠間焼 桧佐陶工房 ろくろ作り
スポンサードリンク

今日はロクロ体験をするために、「桧佐陶工房」に行ってきました。

この陶工房は、茨城で有名な「笠間焼」作りを体験できます。「笠間焼」とは、「特徴がないことが特徴」という一風変わった焼きもの。

桧佐陶工房では、この笠間焼作りを手軽に体験することができます。今回私が体験したのは「ロクロ

笠間焼 桧佐陶工房 ろくろ作り

外観はまさに陶工房という出で立ち。

笠間焼 桧佐陶工房 ろくろ作り

中に入ると、焼き物がところ狭しと並んでいます。

待つこと数分。

ロクロが用意されている工房に案内されます。

笠間焼 桧佐陶工房 ろくろ作り

これが今から削られて、「お茶碗」や「湯飲み」などになります。

作業はいたってシンプル。回っている粘土を手で押さえて形を変えていくだけ。これが意外と難しい。

笠間焼 桧佐陶工房 ろくろ作り

粘土はヒンヤリ冷たくて、触っていて気持ちいい!

もし失敗しても、職人の方がアッという間に直してくれるので安心。これぞ職人芸。

笠間焼 桧佐陶工房 ろくろ作り

私が作ったのが、湯飲み、お皿、茶碗を一つずつで3点。

笠間焼 桧佐陶工房 ろくろ作り

友人が作ったのが、湯飲み2つ、茶碗、壺?の合計4点。

この中から、焼き上げてほしいものを選び、色などのオプションも決めます。

ロクロ体験はココまで。

 

この先は陶工房で「乾燥」「焼き上げ」をしてくれます。

乾燥には一か月ほどかかるので、完成品が家に届くのはだいぶ先。

ロクロ体験をしたのは4月8日、完成品が届いたのが6月11日。

実際家に届くのは2か月ぐらいはかかるね…。

笠間焼 桧佐陶工房 ろくろ作り

完成品がコチラ。

うんうん。なかなかの出来!

笠間焼 桧佐陶工房 ろくろ作り

よ~く見てみると、自分が作った湯飲みがいびつ…。

真ん中が膨らんでて、フチが厚い。全体的に、厚みのムラがすごい…。

味っていえば大丈夫だよね!

焼きあがった焼き物は、作ったときよりも一回り小さい。

ちょうどいいサイズで出来た!」って思ってたので、すこし残念。

それでも使ってみると、気にならない。

自分で作ったものは、思い入れが違う!

いつもより食卓が色鮮やかで、楽しいことになること間違いなし!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です